http://www.project-ring.jp
G8リソース・ブック『サバイバル・キット 国際保健とG8』

はじめに

: なぜG8に取り組むのか〜G8諸国の市民として〜

第2部

: G8は保健に関してどんな約束をしてきたのか

おわりに

: G8に関する市民のInstitutional Memory をつくるために

資料編

第3部:G8とHIV/AIDS・国際保健ガイドブック

7.G8サミットに向けたプロセス:中期(3〜4月)

  1. 概観
  2. 第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)
  3. G8開発大臣会合
  4. アフリカ・パートナーシップ・フォーラム

1概観

この時期は、初期段階で設定された「主要課題」に関するG8議長国および各国の取り組みの方向性が定まり、また、G8で討議されるべき緊急的な課題も固まってきて、サミットの方向性が定まってくる時期である。また、市民社会の取り組みの方向性も軌道に乗り、本年のサミットにおいてどの程度のことがあり得るかの「相場感」が見えてくる頃である。

貧困・開発関係では、この時期に「開発大臣会合」が設定され、また、経済協力開発機構(OECD)開発援助委員会(DAC)による年間ODA統計報告が発表される。これはODAの量についてのアドボカシーにきわめて重要な機会である。また、アフリカとG8の対話の機会である「アフリカ・パートナーシップ・フォーラム」の開催もこの時期になる。市民社会にとってさらに重要なのは、2006年のサンクト・ペテルブルグ・サミットのプロセスから開始された、G8シェルパと世界市民社会との対話の場である「Civil G8対話」を開催する必要があることである。

2008年の日本のサミット・プロセスでは、これに第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)が加わり、市民社会の取り組みをかなり複雑なものにした。3月にガボンでTICAD閣僚会議が開催され、これを踏まえてTICAD本会議が開催されたのは5月末のことであった。

2第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)

a) TICAD IVとG8サミットの関係

b) 日本のG8サミットの経験

3G8開発大臣会合

a) G8開発大臣会合とは

b) 日本のG8サミットの経験

G8に向けた会議風景
G8に向けた会議風景

4アフリカ・パートナーシップ・フォーラム

a) アフリカ・パートナーシップ・フォーラムとは?

b) 日本のG8サミットの経験

Contents
Project RINGについて ‥‥ Project RINGとは?お問い合わせ・連絡先
Project RINGの活動 ‥‥ 日本のアドボカシーと『プロジェクトRING』の活動最新情報(What's New)
活動一覧(カテゴリ別)
世界基金と日本のNGO ‥‥ 世界基金とは?日本NGOと世界基金の連携日本NGOの連携事例
世界基金に関わる世界のアドボカシー ‥‥ 世界のアドボカシーアドボカシー活動団体
リンク:関連の団体や詳細情報など ‥‥ 国内の団体・情報ウェブサイトなど海外の団体・情報ウェブサイトなど
Copyright© Japan AIDS & Society Association. All Rights Reserved.